アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
MESSAGE IN A BOTTLE
ブログ紹介
あえて本名を公開しますが、私は渡辺和彦といいます。
仙台市出身でさいたま市に単身赴任中でしたが、2009年1月仙台に戻ってまいりました。
昭和41年2月生まれの男である。
zoom RSS

震災2年

2013/03/10 20:58
明日で東日本大震災から2年が経つ。
未だに震災ストレスは残っているが、先程からNHKのBS1でやってる、特番を見ていた。
NEXT MEGAQUAKEである。
この番組は不安を煽っているのでは無い。
備えをする必要を解いているのであると思います。
首都圏直下地震は絶対にまずいと思います。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ブログ再開

2013/03/06 23:25
7ヶ月ぶりにブログを再開します。

再開のお題は音楽にします。
先週からハマっている音楽がある。
それはZEDDである。
http://www.universal-music.co.jp:80/zedd
簡単に言うと、新進気鋭のテクノ系クラブサウンドミュージシャンである。
シングルカットされてるスペクトラム(インザスペースではない 笑)を最初に聞いたときに、凄く良い曲だけど、「中田ヤスタカとあんまり変わんねーじゃん!」と思った。
ZEDDはガガ嬢の来日公演のオープニングアクトを務めて、世界的に売れてるのであれば、パフュームだって世界的にイケルはずだと思った。

それにしてもこのZEDDのCDはいい感じである。
個人的にドラマチックな曲にクールなボーカル構成の曲が大好きである。
しかもテクノであるから、文句なしでしょう。
お勧めの1品です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


イベント参戦

2012/08/18 22:41
友人O氏よりお誘いを受けまして、本日、午後から2本目のエアロに参戦しました。
参戦したイベントは、地元の老舗スポーツジム「グランスポール八幡」の震災復興的なイベントでした。
http://www.sportsclub.co.jp/kokuchi/kokuchi_pdf/special_event.pdf
参加費無料も凄いが、私の出たクラスのイントラが凄い。
メインは野村健一郎さんと、藤野慎士さん、丹憲一さんの3人がかり。
しかも、提供は大塚製薬なので、アミノバリュー1本と、粉のアミノバリューを無料で提供。
1500円以上とって、社員イントラの寸劇見せるどこかのジムとは全く違います。

肝心のレッスンですが、野村健一郎さんは意外と地味な動きでしたが、それ以外は結構楽しかった。
たまには全然知らないイントラのクラスに出るのは良いですね。
独特の緊張感があり、新鮮でした。
でも、知らないイントラのアップが一番むずかしいと思うのは、私だけだろうか・・・
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


重箱の隅

2012/08/16 21:52
9月に登場する新型ワゴンRの技術が凄い。
・アイドリングストップ
・エアコンのエバポレーターに蓄熱材を使う。
・新型大容量オルタネーター
その3つである。

一番関心したのが、新型大容量オルタネーターである。
発電容量を通常の倍にして、鉛とリチウムイオンバッテリーに電気を貯め、発電は主に減速時に行うというものである。
パワーの少ない軽自動車では、効果が絶大だと思います。

詳細は下記を御覧ください。
http://www.webcg.net/WEBCG/news/n0000027002.html

こういう重箱の隅を突くような技術で、重いワゴンボディの軽自動車がJC08モードで28.8km/リッターは大変立派です。
個人的にはこの様な技術は大好きです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


洗濯

2012/08/05 22:33
スポーツジムに行くと当然汗を大量にかきます。
その為のウエアも、それなりに汗をかいても対応できる素材のものです。
汗も吸うし、乾くのも早い。
で、気になるのがしばらくすると汗のニオイがウエアに残る事。
色々試しましたが、これといった解決策はありませんでした。
この前からCMでやっているライオンのHYGIA(ハイジア)を試してみました。
で、今のところ非常に調子が良い。
洗濯上がりのウエアのニオイが気にならない。
しばらく使ってみます。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


オリンピック開幕

2012/07/28 22:02
日本時間の今朝、ロンドンオリンピックが開幕した。
開幕式の最後は、噂通りポール・マッカトニーが、ヘイ・ジュードを歌いしめた。
ポール・マッカトニーも頬のあたりが宍戸錠みたいになっており、かなりの高齢であることが感じられた。

個人的には、出来る事なら最後はQUEENにしめて欲しかった。
そして、絶対にフレディー・マーキュリーが存命であれば、彼にステージに立って欲しかった。
ポール違いのポール・ロジャースではダメなのである。
ヤッパリフレディー・マーキュリーあってのQUEENなのである。

曲はエリザベス女王がいらっしゃるので、キラー・クイーンはマズイ。
やはり、定番のウィ・ウィル・ロック・ユーで大合唱して、そのままウィアーザ・チャンピオンで更に大合唱!
オリンピックで見たかった。

出来れば演出は、フレディーは、最初はタキシードでも着てきて、「流石にオリンピックだから、考えてるんだなぁ〜」と、思わせて、ウィアーザ・チャンピオンの途中でタキシードを破り捨てると、「ヤッパリ」白いワンピースタイツ!
足元はライン入で、胸毛丸出しだけど、腹のあたりにはユニオンジャック!
ついでに言うと、矢沢永吉とフレディーしか似合わない、短い白いマイクスタンドにもユニオンジャック。
最高だと思いませんか?
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


何でしょうかねぇ

2012/07/17 23:59
あまり書きたくないが、政治ネタ。

この前いつも見ている日経のネット版に藤巻兄弟の兄がコメント書いていた。
「消費税の増税法案が6月26日に衆院を通過した。軸をぶらさずに通した野田首相のことを見直した一方、この期に及んで消費税率の引き上げに反対する政治家は「緊縮財政反対」と駄々をこねるギリシャ人よりひどいとあきれ返った。ポピュリズム政治(衆愚政治)でないならば国民に不人気な増税法案であろうと最後の最後まで財政再建のために努力するのが政治家の責務だ。」
と。

個人的には全くそのとおりだと思います。
今の日本は、年収が400万円にも関わらず、毎年900万円の生活をして、更に借金は9,600万円もあるのである。
そんなのは成り立つ訳もないのは小学生でも分かる話しである。
なのに「国民の生活より、政争が大事」な人たちは、消費税値上げ反対と叫ぶ。
確かに無駄な予算の配分などはありますが、根本的に今の予算組みでは維持できない。
藤巻さんの言うように、タクシー初乗り100万円はあり得ないにしろ、このままでは国債が償還できず、日銀が狂ったようにお札を刷るか、もしくは日本がデフォルトするしかない。

そんな事より、いらないものが世の中には多く存在していると思う。
最初に手を入れるべきは参議院だと思う。
「国民の生活より、政争が大事」の人達の中にいる、昔は著名な柔道家だった、人もいます。
昔は参議院は良識のある人達の集まりだったが、上記に記載した人は何?・・・
参議院で決めた事など、結局は衆議院の優越で、全てが無題に終わる。

そして、教育委員会、PTA、交通安全協会、電気保安協会、原子力安全委員会&原子力保安院等々。
存在価値が良くわからない輩ばかり。
いや、正確にはここが無くなると非常に都合が悪くなる人の都合で存在しているのではないだろうか?

藤巻さんのコメントはこちら
会員登録(無料)すると、全文見れます。
興味のある方は御覧ください。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


撤収!

2012/06/21 10:24
本日を持ちまして、昨年11月22日より来てました東京への出稼ぎは終了しました。
丁度、個人的に忙しい時期に重なったので、毎週末仙台との往復は疲れました。
梅雨明け前に戻れるのは良かったです。
昔からの友人と飲みに行ったり、北海道から大阪迄の間で色々なところに行ったりして、結構楽しかったのも事実ですが・・・
でも、長かったなぁ~
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


幻滅

2012/06/09 20:36
昨日、野田総理が大飯原発再稼働の必要性を話しをした。
国民生活を守るためとか、日本が立ち行かないとか、言ってる意味はわかるが、だからこれからのエネルギー問題はどうするのかが全くわからない。
日本は世界で唯一の被爆国。
なのに、この震災であれだけの放射能をばらまいて迷惑かけたのに、その後をどうするかは総理大臣も言わない。
「10年後は再生可能エネルギーを中心にするので、その間暫定的に一部の原発を動かします。」
では、ダメなのか?
何も言えないビジョンのない政治家。
そんなにしてまで、今までと同じような経済を優先方法で良いのでしょうか?
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


メディア考

2012/05/08 22:14
最近テレビを見ていて、非常に気になる事がある。
それは以下の通りである。
・何故民放BSは、通販と韓国ドラマばかり多いのか?
・何故民放地上波のゲストは番宣からみばかりなのか?

テレビ離れが叫ばれているが、こんな番組とは言えない様な番組では、当然視聴者は減るのが当たり前でしょうね。
だから、私はもっぱらNHKばかり見ている。
受信料を取ってるのだから当たり前なのかもしれないが、どちらかと言えば、民放が勝手に堕落して行ったのではないだろうか?

それと、ラジオも酷い。
ラジオショッピングは当然として、音楽よりも喋りばかりのFM。
コレってアリですかねぇ〜
それならAMでも良いと思いますが・・・
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


小型車比較試乗

2012/05/07 22:25
この前から、仕事でレンタカーを使う機会が多い。
たまたまなのだが、ヴィッツ、デミオ、フィット、スイフトと現行モデル(デミオはスカイアクティブでは無いので、微妙に前のモデルか?)を乗り比べすることが出来た。
私の独断と偏見に満ちた解説をお送りいたします。
尚、全車1.3LのATモデルであるが、ヴィッツは4WDモデルだったので、動力性能には差があるので、その点は考慮いたします。

まずは、ヴィッツであるが、乗り心地が明らかに悪い。
安いバン並の悪さ。
しかも、サスペンションの動きが悪い感じ。
それと、このクラスでワンアーム式のワイパーは考え物です。
ブレード交換の費用が高く付くので、小型車では長いワイパーには反対です。
しかし、後方視界の良さや、スイッチのレイアウトや、装備の充実加減は流石トヨタです。

次はデミオ。
何故かATはトルコン式。
しかも、マツダオリジナルのホールドモード付き。
慣れると、これが使いやすいし、乗りやすい。
動力性能も一番良かった。
リア周りの軽さも感じられ、コーナリング性能も高かった。
但し、エンジン音も少しうるさく、見た目の通り後方視界は最悪です。

その次はフィット。
メーターパネルの瞬間燃費計は使えます。
しかも、アクセルペダルを抜いて、カットオフを頻繁に効かせられて、燃費が良くなる走り方が出来るのは流石ホンダ車です。
今回のアベレージは瞬間燃費計上で20キロ/L程度は走りました。
ロールセンターの低さもやはりホンダ車ですが、ブレーキタッチの硬さは納得出来ません。

最後はスイフトです。
乗った感じは、一クラス上の車に乗っている感じがします。
よく言えば重厚な感じがします。
しかし、1500回転以下のトルクが弱く、CVTとのマッチングは最悪です。
しかも、エンブレ効かせている際に、ブレーキ踏むと回転が上がったりする不思議なセッティング。
MTのスイスポなら最高でしょうね。
しかし、この車の後方視界も悪いですね。

そして、結論。
1.3Lのままで乗るなら絶対にデミオが良いと思いました。
但し、スピードメーターの内側にある、細かい目盛。
あれは意味が無いですね。
そして、1.6Lのエンジンを積むスイスポなら、圧倒的に良い車です。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


爆弾低気圧

2012/04/04 22:32
昨日から今日にかけて日本列島を暴れまくった爆弾低気圧。
実は昨日から今日にかけて、私は仕事で札幌出張でした。
昨日今日の札幌出張は先週から決まっていた。
でも、天気が荒れるのは月曜日に気がついていた。
スケジュールの変更は出来ないし、でも羽田からの飛行機が飛ぶ保証は無い。
昨日の朝から決めていたのは、首都圏が低気圧の影響を受ける前に、5時50分発予約の飛行機を何処まで前倒せるかという事だった。
実際前倒しを行い、3時発の便に変更した。
羽田では雨は降っていたが、暴風雨になる直前。
無事離陸したけど、当然揺れた。
私のイメージ的には、映画インディペンデンス・デイの中で、エイリアンの攻撃から間一髪エアフォース・ワンで逃げたあのシーンです。

今朝起きたら札幌は吹雪。
今度は果たして羽田に帰れるのだろうかという不安。
おまけに午後からは、猛吹雪。
でも、不思議と夕方から風が収まった。
今回も30分瓶を前倒ししようかと思ったが、その便は欠航した為、予約通りの便で帰って来ました。
帰りは揺れなくて安心かと思ったけど、千葉県上空は揺れました。
行きよりも揺れたなぁ〜
だから、正直飛行機は苦手です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


皇居ラン

2012/03/06 23:58
先週、会社で折角だから、皇居を走りませんか?と誘いを受けた。
よく考えてみたら、東京に来てから、殆ど平日はジムには行けていない。
確かに折角東京来てるから、1回ぐらいは行っても良いと思った。
走るのは好きでは無いが、エアロで散々走ってるし、体力的には問題なさそうなので、出ようかと思った。
コースは一周約5キロだそうです。
詳細はこちら

実際スタートを日比谷公園の前にある交番前から行ったので、6キロぐらいは走りました。
20時過ぎにスタートしたのですが、結構夜なのに走ってる人が結構います。
今日は気温が高かったし、そんなに勾配がきつくないので快適に走れます。
桜の季節なら最高に気持ち良いんでしょうね。

問題は、着替えの場所とロッカーの問題。
結構そのような施設があると聞いてましたが、意外と少なくかなり苦戦しました。
次回もあれば、そのへんはキッチリリサーチして置く必要がありますね。
楽しかったです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


E-5はやぶさ1周年

2012/03/05 22:27
今日は3月5日で、啓蟄でもあるが、東北新幹線のE-5系はやぶさの営業運転開始1周年の日である。
今朝もはやぶさで東京まで通勤したのであるが、とても快適な新幹線である。
この前仕事で大阪に行った際に、東海道新幹線のN700系のぞみにも乗りました。
この東西を代表する新幹線を、私の勝手な感覚で評価してみたいと思います。

まず、デザインは好みなので何とも言えませんが、車両の窓や、連結部分の全周幌、パンタグラフカバーなどを見ると、同じ思想で作られているのがよくわかる。
車内に入ると、シートはヘッドレストが独立していて、上下に動き、更にリクライニングと座面スライドが連動しているはやぶさが有利。
空調は、窓の上に小さいな吹出し口もあり、全体の温度管理が快適なN700系のぞみ有利。
更に無線LANサービスを独自に行なっている(東京〜新大阪のみ)N700系のぞみ有利。
トイレや、洗面所などのスペースの広さは、ゆとりのあるはやぶさ有利。

発信加速は圧倒的な加速でN700系のぞみの勝ち。
これは恐らく、カーブが多く、頻繁に加減速を繰り返す東海道新幹線と、限りなく直線的な東北新幹線は高速巡航なので、そこまでの加速ははやぶさには必要ないのだろう。
乗り心地はどちらもフルアクティブを搭載しているのだが、揺れなさ加減でははやぶさ有利。

最終的な評価としては、やはり新しいのでE-5系はやぶさでしょうか。

それにしても、恐らく300キロで通過する福島駅付近で若干車体が上下動するのは、震災の影響なのだろうか?
E-5系はやぶさも運行開始して1週間で大震災に巻き込まれ、当分運行休止を余儀なくされた。
今考えてもあの震災は強烈だった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


惨事ストレス

2012/02/29 22:10
来月で東日本大震災から1年が経つ。
一見何事もなかったように見えるが、正直に言うと私は惨事ストレスから抜けられないでいる。
震災後約10日後より、仕事で多賀城、七ヶ浜、東松島、石巻、気仙沼を訪問していた。
東松島と石巻と気仙沼の惨状がストレスの原因になっているのは間違いない。
具体的に何が体に起きているかと言うと、津波の被害が特に酷かった景色を見ると涙が止まらないのである。

最近仙台東道路という高速道路に乗る機会が多く、そこで仙台新港の近くの七北田川を跨ぐ箇所で、津波で集落が無くなった仙台市宮城野区蒲生という地区が遠くに見える。
昔から釣りに行ったりして、知ってる場所だが、震災後その橋から見える景色が遠目にも全く違う事がわかる。
それを見ただけで、車の運転しているのに涙が止まらない。

実は惨事ストレスという意識は無かったのだが、この前買った本に書いてあった。
それは、フジテレビの笠井アナウンサーが書いた、「僕はしゃべるためにここに来た」を読んで、初めて惨事ストレスという言葉を知った。
笠井さんは震災直後から宮城県中心に、命がけで取材していた。
彼も惨事ストレスになっていた。
その時の心の葛藤や被災地の現実が書いてある。
この本を読むだけでも涙が止まらない。

この本は、被災地の現実を(宮城だけの話であるが)良く表している。
震災直後福島第一原発が爆発したのは、ワンセグで見て知っていた。
放射能を浴びることが良くないことなのは知っていた。
でも、私は家族と一緒に何が手に入るか分からないのに、何時間もスーパーの前に並んで食料を買うために並んでいた。
水洗トイレの水を確保するために、庭の雪を溶かして使ったりもしていた。
小学校のプールの水も汲んでいた。
私も子供の頃に親から、雨の日は放射能雨が降るから傘をしっかりさせと言われ、その影響は当然知っていた。
でも、福島県の人には申し訳無いのだが、(宮城の)被災地の私は原発事故よりも、計画停電よりも食べるものが、飲み水が、ガソリンが、必要だった。
それだけ、しんどい状況だったことについて、笠井さんの本にもリアルに書いてある。
何かこの本を読むと、不思議と笠井さんと仲間意識が芽生えてくる。

正直、もう被災地は見たくない。
県南の亘理や山元、ビルがなぎ倒された女川、南三陸志津川には震災後行っていない。
でも、絶対に見たくない。
惨事ストレスは時間が解決してくれるらしい。
それまでは、行きたくない。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


少し安直では?

2012/02/06 23:11
この前から気になっているのだが、映画でロボジーというのが公開されている。
映画の内容はどうでも良いのだが、かかっている音楽が「やはり」というかスティックスのミスターロボットである。
「ドモアリガトミスターロボット・・・」というフレーズで始まるお馴染みの曲。
この曲自体は良いのだが、何故ロボットネタだとこの曲を使う事があまりにも多いのか!
わかりやすいと言えばそれまでであるが、もう少し考えて欲しいもんである。
安直すぎると思っている。
こんなことを書くならば、マツコと有吉の怒り新党にメールした方が良いのかもしれないが、少しは捻れと言いたい!

それに比べて、日産のジュークのCMソングは素晴らしい。
YESの名盤FRAGILEよりHEART OF THE SUNRISEを使っている。
なぜ40年前のアルバムの曲を使っているのかわからないが、ベースを全面につかったあの曲は、実に10分34秒もある名曲なのである。
まさに、当時のプログレを代表する作品なのである。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


作動制限装置

2012/02/04 23:15
車で作動制限装置と言えば「LSD」。
いわゆる「ノンスリップデフ」である。
筋肉にとってノンスリと言えば「テーピング」ではないだろうか?

先週の日曜日、いつものエアロビクスで、絶好調を良い事に動いていたら、ヤバイ事になった。
それは、横にシャッセで移動して前回りのターンを行い、逆方向にシャッセしてボックスという動きの途中だった。
その途中で、右足のふくらはぎに「ズーン〜」という鈍い痛みが・・・
一瞬アキレス腱切れたかと思ったが、場所からすると、もっと高い場所なので違う。
色々考えていたら、どうも軽い肉離れのようである。
そんなことを考えていたら、その後のエアロはボロボロになってしまった。

日曜日はそれで良いとしても、次の土曜日のエアロは、最高難易度のKさんのクラス。
しかも、月初の週なので、休みたくない。
それから、毎晩バンテリンを塗りました。
金曜日にはそのかいあって?痛みが無くなりましたが、若干不安なので、ふくらはぎにテーピングを施し、本日参戦しました。
流石、作動制限装置です。
痛くなる方向には曲がりませんので、痛みは再発しませんでした。
根本的には間違ってるのは承知の事ですが、でも、テーピングは効果絶大です。
明日もテーピングを貼って頑張ります!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


音楽とは?

2012/01/18 22:01
今日職場で隣に座るKKさんから「あんたは流行歌以外の音楽をいつも聞いてる理由が俺には分からない」と、ご指摘を受けました。
自分では音楽を聞くのが当たり前なので、特に理由も無いし、考えた事も無いので今回は改めて考えてみます。

考えてみると、基本的に中学2年から洋楽一本の生活を過ごしてきている。
高校受験の受験勉強の時にも、ラジカセで音楽聞いていたし、食事の時や車に乗れば音楽を聞くもの当たり前。
今でも通勤時は音楽を聞いているし、今は寝る時もインターFMを聞きながら寝ている。
しかも、聞いている曲はAKBなんかでも無いので、確かに一般的にはわかりにくい。

私にとって音楽は空気のような存在で、時には精神安定剤や興奮剤にも変わるものなのでしょうね。
悲しい時には、そういう曲を選ぶ事も多いし、曲によりノリノリになり、ハイテンションになることも多い。
最近は昔聞いていた中古CDを買って聞くことも多いから、そんな曲を聞けば、その当時の自分にタイムスリップすることも出来る。
私にとって音楽ってそんな存在なので、一言では言えないということだけははっきりしてます。

今日も外出時にインターFMのデイブフロムショー聞き始めた瞬間、ボストンが3たびかかっておりました。
今回の東京での長期出張では、ボストンとPerfumeのJPNが思い出として残るのでしょうね。
冬晴れの都内の空のもと、遠くに見えるスカイツリーとボストンは良く似合う。
通勤時に人形町歩行っている時の景色と、PerfumeのJPNは完璧にセットになっている。
仙台に戻っても、そんな音楽を聞くと、思い出す光景があるのでしょうね。
それが、時系列にずうっと繋がっているのです。
だから、それを辞めるつもりも無い。
そんな感じですね。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


YES来日

2012/01/17 23:10
東京に来てから、そろそろ2ヶ月が経とうとしている。
そんな矢先、大好きなYESが4月に来日することに気がついてしまった。
http://www.udo.co.jp/Artist/Yes/index.html
今回の長期出張は恐らく4月末までは続くと思う。
いきたい気がするが、おじいちゃん達の無理な頑張りは見たくない気もするが・・・
でも、来日アーティストのコンサートを気軽に見れるのは首都圏の特権である。
行くんだろうなぁ〜
多分。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


車検対応

2012/01/09 19:54
愛車のプジョー206も2月に車検が来る。
4回目の車検なので、9年乗りました。
乗り換えようかとも思いましたが、今やあの車は貴重なジャンルになってしまい、特に欲しい車も無いので、もう少し乗ろうと思います。
走行距離は8万キロ超えてるので、今回はタイミングベルトの交換は必須です。
つーことは、ウオーターポンプや、ベルト類の交換も伴います。
おまけに、去年の暮れに、マフラーのタイコを止めてる金具が錆びて腐ってましたので、マフラー交換も必須です。
因みに、ブレーキパッドも減って来たので、交換しようと思います。
フロントは、カスも出なくて気に入ってるのですが、リアはパッドを紛失した際に、交換したEBC緑のパッドは効きは最高ですが、カスが純正並みにひどく、泣きも酷い。
まるで、新幹線が止まる時のような音がします。
それで、気に入ってるフロントと同じのはもう作ってないのですが、おそらく殆ど同等品を見つけました。
結局作ってるのはクランツなので、大丈夫でしょう。
それは、こちらです。
そろそろ注文しましょうかね。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

MESSAGE IN A BOTTLE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる